Q.ラジオパーソナリティになるには

ラジオパーソナリティになる方法

ラジオパーソナリティになる方法はいくつかあります。
どの方法を選んだからといって有利であったり仕事が増えやすかったりといったことはありません。
自分に合っている方法を選び目指すことが可能です。

最近ではもっとも一般的となっているのがアナウンサーの養成学校や放送系の学校に通うことです。
これらの学校に通うと発生や発音といったことをしっかりと学ぶことができます。
これによってラジオパーソナリティになるために必要なスキルが身につけられます。

また、学校に通っているとオーディションの案内もよく来ます。
講師がラジオ番組の制作関係の仕事をしていることもあり、仕事のあっせんをしてくれたりオファーをしてくれたりすることもあり、仕事につながるチャンスも多いです。

ラジオ局に就職するというのも一つの方法です。
これは特に資格がなく高校卒業後にすぐに就職することもできますが、かなり狭き門となっています。
最近ではアナウンサーの養成学校や放送系の専門学校を卒業してから採用試験を受ける人が多く、そういった経験を経た人が挑戦することがほとんどです。

アナウンサーとして働いている中で番組の司会進行をする以外にも自分自身の番組を持つというケースもあります。
ラジオ局のアナウンサーでありながら、芸能人のラジオ番組に近いクオリティの番組を受け持てる可能性もあるのです。

タレント事務所に所属して、芸能人としてラジオ番組を持ったりラジオパーソナリティとして活躍したりするという方法もあります。
タレント事務所の中にはラジオ局と強いパイプを持っているというところもあり、ラジオ番組を持ちやすいところもあるのです。

事務所の先輩の持っている番組に出演させてもらえたり、後番組を担当させてもらえたりといった形で仕事をもらいやすい環境にあるというのもタレント事務所に所属するメリットです。
また、ラジオパーソナリティとしての仕事が入ってこなくても他の媒体でも仕事が受けられる可能性があるというのもタレント事務所に所属しておくと有利です。

オーディションに入賞する

ラジオ局主催のオーディションに参加をして入賞をするというのも一つの方法です。
音楽に知識が深いという人やラジオ番組をよく聴いていて必要な知識やスキルを身につけているという人はこういったオーディションをチャンスとして活躍していることも多くあります。

昔ながらのハガキ職人と言われる番組に多くハガキやメールを送り、番組のプロデューサーやパーソナリティに気に入られ、そこからラジオ局や構成の仕事、パーソナリティの仕事につながるということもあります。
このように方法はたくさんあり、どこにチャンスがあるかはわからないのです。