歯科衛生士とは

歯科医院に行くと、歯科医に見てもらう前に歯科衛生士がチェックをすることが多いです。
歯科衛生士とは、口の中のケアをし、口の健康をづくりをサポートする仕事です。

多くは、歯に付着した歯石の除去、歯並びやかみ合わせのチェック、歯磨き方法を教えたりします。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事は大きくわけて3つあります。1つは、歯科予防処置です。
これはいわゆる歯石除去になります。歯科にかかる多くは虫歯や歯周病ですが、これらの原因は歯に詰まった歯石です。
普段の歯磨きでは取りきれない汚れが歯石となり、付着してそれが原因で虫歯となります。

歯石を取ってもらうと、すごく気持ちいいですよね。
スカスカしますが、それだけ汚れ、歯にとって必要ないものが付着し続けたってことですから。
虫歯がなくても定期健診で歯の掃除をしてもらうことありませんか?
それは歯科衛生士が担当しています。

2つめは、歯科診療の補助です。
虫歯や歯茎の切開など大きな手術をする場合に歯科医師の補助をします。
医療行為にあたる部分はできませんが、水をあてたり、口内の汚れを吸引したりと、それ以外の部分でサポートをします。

3つめは、保健指導です。
正しい歯磨き方法を教えます。
知らぬうちに歯磨きをしていると思いますが、それが正しいかどうかなんて実は分からないのです。
表面だけ磨いてるつもりでも虫歯になってしまったら、結局は正しく磨けてなかったということです。
実際には、鏡をみながら丁寧に教えてもらえます。
歯科医院で個別に教えてもらったり、時には学校に出向いて指導を行うこともあるのです。

強み

歯科衛生士は、歯科医師並の専門知識が必要で、国家試験の取得が必要です。
歯科医院での活躍がメインですが、一生の仕事にできます。

また、歯科医師は開業する人も少なくありません。
そうなった場合、歯科医師のサポート役である歯科衛生士も歯科開業の勉強会に参加して、医師と一緒に歯科経営について勉強できるという側面もあります。
こういった勉強会は歯科衛生士だけでは参加できませんので、医師と同席したうえで経営についての知識を学ぶことになりますが、新しいことを学ぶ楽しさを感じられるでしょう。

それに、歯科衛生士の仕事は流行り廃りのアップダウンも激しくないので、安定して長く働くことも可能です。
今は審美歯科ブームもあり、需要がかなり増えています。
歯のケアはしているようでしていない人が多く、1度虫歯になると歯磨きや歯石除去のありがたさを感じるものです。

こんな人は向いている

口の中はとっても狭く、さらに歯と歯の隙間の歯石取りとなると、とっても細かい作業になります。歯の周囲に歯茎や神経が張り巡らしているので、集中して取り組まなければいけません。
手先の器用な人が好まれますね。

また、それに加えて勉強熱心であることも必要です。
歯科医師並の知識が求められるますので、例え治療ができなくても、歯の仕組み、病気の名称や症状、治療方法など、用語もたくさん覚えないといけません。
とても大変な仕事ですが、相応の給料ですし、口内を綺麗にできたという達成感を毎回得ることができ、とてもやりがいのある仕事です。