Q.整体師になるには

整体師になる方法

整体師というのは民間資格しかなく、医師や鍼灸師のような国家資格はありません。
そのため、だれでも整体師になり活躍することができます。
大げさな言い方をすれば「わたしは整体師です」と名乗れば整体師としての活動もできます。

しかし、整体師というのは知識やスキルがなくてもできる仕事ではありません。
患者さんの体に触れるには正しい知識が無ければ危険です。
開業しても知識やスキルが無ければ患者さんは定着しませんし、人によっては悪化することもあります。

そこで、多くの人が整体師として働くために必要なスキルや知識を身につけるために学校に通います。
整体師の養成学校では整体についてのスキルだけでなく、運動学や解剖生理学といった人間の体についての勉強も行われています。

また、最近では整体院と連携がとられている学校も多く、実地研修はもちろんですが整体師としての就職先も用意されているケースが多いです。
卒業後すぐに指定の整体院で働く場合には、学費の負担も軽減されることが増えています。
そのため、最近では今現在働いている人や学費の用意が難しいという高校生が目指すケースも増えています。

通信教育で学ぶ

学校に通う費用を出すことが難しい人、アルバイトや就職をして生活費を年収ツしながら学びたい人には通信教育で学ぶということも一つの方法としてあります。
これは、ほかの資格を取得するための学校に通いながら、整体師についての勉強は通信教育で学ぶという人もいます。

通信教育は自分の好きなタイミングで勉強ができるので、仕事をしながらでも続けることが可能です。
ただし、勉強を進めるには自己管理が必要であり強い意志がなければなかなか続きません。
仕事で疲れていたり、友達との予定があったりしてもきちんと続けられる強い意志を持つことが重要です。

中には整体院でアルバイトや見習いとして働きながら、スキルアップのために通信教育を学ぶという人もいます。
通信教育での内容は座学だけでなく動画での授業もあるのですが、やはりわかりにくい部分があります。
そういった部分もわからないところがあれば整体院で先生に指導を受けながら身につけることができるため、知識が身につけやすいです。

整体院によっては見習いとして実際に先生のアシスタントをしながらスキルを学ぶこともできますし、事務として受付や清掃をして仕事をすることもできます。
扱いは整体院によって違いますが、多くの場合通信教育が終了するとそのまま整体院で正規の整体師として働けることが多いです。
そのため、こういった整体院での仕事は専門学校に通っている人もスキルアップや就職活動の一環として行っていることが多いです。