Q.ネイリストになるには

ネイリストのニーズの高まり

最近ではネイルをすることが許される職場が増えています。
ジェルネイルが定番となったことで長くきれいな状態が維持できるようにもなっています。
このような状況からネイリストの需要は近年かなり高まっている状態です。

ネイリストに依頼をしなくても自分でもジェルネイルをすることは可能です。
しかし、手間や仕上がりを考えるとプロに依頼をした方がいいということでネイルサロンや美容室でネイルをするという人が多くいます。
ニーズがあるということで仕事も安定的にあるため、最近では美容系の仕事の中でも人気のある職業の一つとなっています。

ネイリストになるには

ネイリストになるためには美容師のような国家資格は必要ありません。
特に資格や免許がなくてもネイリストとして働くことはできるのです。

そのためネイリストになる方法も様々です。
全くの未経験でネイルサロンに就職し、先輩に習いながら仕事をするという人もいます。
サロンによってはアシスタントという形式で採用をしてそういったスキルの習得方法を推奨しているところもあります。

しかし、ネイリストとして人にネイルをするということは技術的にも知識的にもきちんと身についていないと不安があります。
爪はもちろん手先に触れるのでケガをしたり施術でミスをしたりということは許されません。

そこで、最近では専門学校や通信教育でネイルの勉強をして死角を取得している人を優遇したり、今後そういった試験に挑戦する意思のある人であったりを積極的に採用するというところが多いです。
求人広告の条件としても、サロンの定めた資格の取得者や専門学校の卒業生である人に限って未経験でも雇い入れるといったことを明記しているところも増えています。

ネイリストになるための学校

ネイリストを要請するためのスクールというのは全国にたくさんあります。
昼間に毎日通う一般的な専門学校と同じスタイルのところもあれば、夜間のみ通ったり平日に3日ほど通ったりして学べるスクール、通信教育をしているスクールと様々です。
仕事をしながら資格取得やスキル習得を目指す場合には、夜間や昼間に数日通う学校、通信教育の学校といったところが便利です。
早くスキルを習得したい場合には全日制のほうが速く卒業できて望ましいです。

最近では長く続けられる仕事ということで子育て中の主婦が資格取得やネイリストとしての勤務を希望するケースも増えています。
そういった人は通信教育や独学の勉強で資格を取得することを目指すことも多いです。

民間資格を取得するのには特に学歴は不問ですから、通信教育や独学でも受験することはできます。
ただ、一人で勉強するのは大変で家事や育児と両立するためには強い意志をもって取り組まなければなりません。