Q.作曲家になるには

作曲家になる方法は様々

作曲家になる方法はいろいろとあります。
中には独学で作曲をしている人もいますし、学術的に作曲を学んで作曲活動をしているという人もいます。
才能やセンスも重要な要素となる仕事だからこそ、いろいろな方法があるのです。

一般的に作曲家になる人は音楽大学や専門学校に通っています。
これは音楽についての幅広い知識を身につけるためです。
音楽でも特にクラシック音楽の場合には楽譜の読み書きができなければならないですし、各楽器のパートを作るためにはそれぞれの楽器の特性も知らなければなりません。

そこで、音楽学校や専門学校では様々な楽器の知識や演奏方法、楽譜の書き方、音楽理論といったことを学んでいきます。
音についての勉強だけでなく、楽譜の構成としてどのような奏法でどういった表現ができるのかといったことを学んでいくのです。

とはいえ、音楽家には資格がないのでこういった勉強を学校に通わずに独学で進めても問題ありません。
また、学校でまなんだからと言って身に付くわけでもないですし、良い音楽が作られるようになるものでもありません。
このような学校を卒業したからと言って皆が作曲家になれるわけではなく、社会に出てからが勝負ともいえます。

オーディションやコンクールの重要性

作曲家になる際に、オーディションやコンクールはとても重要な意味を持ちます。
作曲コンクールや作曲家オーディションといったものがレコード会社やプロダクションによって定期的に開催されているのです。
こういったものはアイドルやミュージシャンに楽曲提供ができるチャンスとなったり、コマーシャルやドラマに曲が使われたりする機会にもなります。

自分の作った曲が使われるような場面があれば、それをきっかけに次の曲の依頼が来るということも多いです。
そして自分を売り込む際に「○○のコンクールで優勝した」とか「××の曲に使用された」といった経歴があるのは作曲家としてとてもプラスになるものです。
そのため、作曲家になりたいと考える人の多くは学生や社会人になってからこのようなコンクールやオーディションに積極的に自分の作った音楽を送っています。

自分が音楽活動をする

作曲家と言うと楽譜に曲を書く人をイメージしますがそれだけではありません。
自分自身がプレイヤーとして活躍している人も多いです。

特にわかりやすいのがロックバンドです。
自分自身がロックバンドでボーカルやギター、キーボードといった楽器を担当しつつバンドの曲を作曲するという人もおり、これも作曲家の活動の一つとすることができます。
このようなシンガーソングライターと言われる活動を通して作曲家となるケースも近年では多いです。