Q.声優になるには

発声

Q.声優になるための道はどんな道がありますか

声優になるためにはまず専門学校等養成期間で学びましょう。
現在声優になりたい人のほとんどが、声優の養成所、専門学校などに入り、基本的な事等を学んでいます。
声優になるために何が必要なのかというと、まずは声優のプロダクション入りを果たす必要があります。
プロダクションは、声優養成所の声優コースで技術をしっかり学んできた経験のある方を採用する事がほとんどといわれています。

養成機関については、プロダクション付属という所もあり、この場合、このプロダクションに入りたいという人は、この養成機関に入る方が安心です。
この他、劇団付属の養成所、教室、専門学校、スクールなどたくさんの専門養成機関があります。

Q.声優学校ではどのような事をおこなうのでしょうか

声優養成学校では、声優として声を出す基本的なレッスン、正しい発音の仕方、呼吸法の訓練、声の演技などを学びます。
俳優さんよりも声で演技することはとても難しいといわれる声優なので、専門的指導を受けることは必須です。
声優は声の専門家という事になるので、どのようにしてどんな声を出せるのかという事を学び、実践に活かしていきます。

通常、声優の専門学校などに行く方の多くが、10代後半から20代前半で、年齢制限などは設けていないところが程ン度ですが、若い世代が多いです。
専門学校によって違いがありますが、一般的に1年から2年程度のレッスンを受けて、プロの声優になるため、プロダクションに入る事になります。
ただ、専門学校や養成所に入る事で、全員が声優のプロダクション入り出来るかというとそういう事もありません。

Q.声優になるためにプロダクションに入る事が必要と聞きましたが本当ですか?

養成機関で学び、プロダクションのオーディションを受けて合格するとプロダクション入りが決まります。
こうなれば、マネージメントをしてくれるようになりますので、多少なりとも仕事が出てきます。

まだ仮所属、ジュニアなどと呼ばれる状態なので新人のギャラ適用で、お給料は低いものとなりますが、下積みを終えて実績を積むことで、正所属として認められ一人前の声優となる事が出来ます。
ここから安定的に仕事があるかどうかは、プロダクションの大きさにもよりますし、マネージメントの力も影響します。

また、アニメや映画のオーディションを受けて合格し、たくさんの作品に出演し、実績を積んでいくことも大切です。
こうした経験によって、次第に大きな作品などにも呼ばれるようになります。
長い期間かかる方もいますし、声を認められ一気に人気声優となる人もいます。

長くオーディションに受からない時期もありますし、認めてもらえないことも多いのですが、夢をあきらめず、しっかりと鍛錬し頑張って声優のプロを目指しましょう。