リハビリのプロになろう

理学療法士とは、何らかの疾病や障害、傷害が元で、運動機能に麻痺や生じた身体に対して、リハビリや機器を使用して、日常生活で動かせるように練習をサポートする仕事です。
例えば、腕を骨折したとして、ギブスが外れるまでには時間がかかりますが、腕を動かさない期間が続くと筋肉が硬直して、元の状態に戻るまでに時間がかかってしまいます。
ギブスを外した瞬間にすぐに動かせるわけではありません。
腕上げする筋肉ですら低下してしまっているので、元の状態に回復こさせるまではリハビリが必要です。

そのリハビリのサポートをするのが、理学療法士なのです。
今の例は骨折でしたが、障害や傷害による機能不全や麻痺なども同様です。
完治ではなく、、動くようにするための、リハビリです。

職場

処置を施す、治療をするのは医師ですが、リハビリは理学療法士の仕事です。
医師の指示の元、リハビリに必要な機器を使用したり、リハビリのカリキュラムを組んで行います。

職場の多くは病院内のリハビリテーションセンター、高齢者支援であれば老人ホーム、障害者相手であれば、支援センターなど活躍の場は多くあります。

なるためには

大学もしくは医療関連の専門学校に併設している学部や学科で一定期間勉強します。
その後、国家試験を受けて、合格すると晴れてその道が開かれることになります。

資格を取得したからといって直後から実務ができるわけではなく、就職した病院などの、医師や先輩の指導を受けて、経験を積んでからプロとして理学療法士と言えるようになります。

重要性

なんらかの原因で身体の一部が動かなくなることは誰にでも起こりうることです。
スポーツ、病気など、今日は元気でも明日は分からないのです。
患者さんは、素直にリハビリを頑張れる人がかりではありません。
精神的ダメージを受けて、立ち直れない人や苛立ってしまう人だって多くいます。
理学療法士の仕事は、完全回復ではなく、生活に支障がでないレベルにまでの回復をお手伝いする仕事こです。

1度や2度のリハビリで成果が見えるものではなく、長い年月をかけてこリハビリが必要な患者も多くいます。
どんな時でも諦めず根気よく向き合える人材が必要です。
リハビリは決して楽なものではありません、特に高齢者は回復が遅いので、途中で止めてしまう人、続ける目的を見失う人などだっています。

そんな相手でも、リハビリに向き合わせる事のできる理学療法士はそうそういません。
知識も当然ですが、人間味のある理学療法士になることで、職場からも患者からも重宝される理学療法士になれると、さらにその仕事のやりがいを感じることができるでしょう。
粘り強さ大切です。