Q.国立と私立の違いは?

Q.国立大学と私立大学

A.

国立大学は国が管轄していますので、大変むさ苦しいです。
ただし、私立だからといって自由気ままなキャンパスライフが過ごせるとも限りません。
学風が似たり寄ったりなのが国立で、さまざまなバリエーションがあるのが私立です。

Q.国立のメリットとは?

A.

国立のメリットは、学費の安さです。
日本の大学の施設は老朽化が進んでいて、国立大学の校舎はたいてい明治に建設されています。
その後建て替えが進んでいますが、まだまだ歴史のある建物はいっぱいあります。
いわゆる古風な教授もたくさん在籍されているのが、国立大学の特徴です。

Q.私立のメリットとは?

A.

私立のメリットは、大学がどんなことをしていても、国はお構いなしというところです。
もちろん法律違反はマズいですけど、国から補助金を受け取らず、自主的な運営をしている大学もたくさんありますし、そういったところの教授はユニークな方が多いので、話を聞きに行く価値はあるでしょう。
むしろ国立がお堅いんですよ。
堅物教授の話を聞きにいかなければならない学生の身にもなって欲しいものです。

Q.国立と私立、どっちが多い?

A.

大学の設置数は、圧倒的に私立の方が多いです。
特に最近新設されている大学は、8割が私立です。
お金があれば学校法人が作れるのが日本の良いところですので、地方を中心にどんどん私立大学や短大の設置が進められています。
ただ、少子高齢化の現在、どこまで大学経営が持続できるかは不明です。

Q.国立と私立、どっちに通う?

A.

国立と私立は、使える補助金の額が桁違いです。
特に東大は国から莫大な補助金をもらっていますので、まさに国の直轄研究機関だと言えます。
ちなみに、国立大学や全大学の医学部には序列がありますので、何も知らないで進学すると後が大変です。
事前に下調べしたほうがいいでしょう。
簡単に言ってしまうと、学費が高くて歴史があり、自由な校風を持ち味にしているのが私立で、学費が安い代わりに、設備がショボかったり、教授の教え方が数十年変わっていないのが国立です。
地元の大学に通われる際には、過度な期待はしないほうがいいです。

私の意見で申し訳ないのですが、大学に通われる際には、学費と研究分野、それからレベルで決めましょう。
とりあえず東大を目指しておけば、入試時点の学力で合格できる大学に滑り込めますので、毎日勉強しましょう。

Q.国立大学を受験する際の注意点は?

A.

国立はセンター試験を受ける必要がありますので、7科目の成績を安定して高めておく必要があります。
英語や国語、数学などを真面目に勉強しないと、私立にしか行けなくなってしまいますので、苦手分野は出来るだけ早めに克服しましょう。